【シーズン3】マンドラゴラ・ガーデニングに必要な素材【予想/考察】



シーズン3で実装される「マンドラゴラ・ガーデニング」ですが、特設サイトの画像を見るとけっこー大掛かりなコンテンツなのでは?と思ったりするワケです。

なぜかと言いますと、まずはこちらの画像

左側にカテゴリーのリストがあって、右にカテゴリー別の種類が記載されてますが、ざっと見てもカテゴリーx15(下にまだあるかも)、種類は少なくとも30はあると思うので、単純に450種は居ると思われます。
図鑑埋めとしてはそれなりの量ですよね。

そして下の画像、「肥料を選択」の部分ですが、実はコレ、先日入れ替わったのに気がついたんですが、
最初にアップされていたのがこちら

入れ替わった画像がこちら

ちょっと小さくて見にくいですが、最初の肥料は「ふかふかの土」でこれはシーズン3で追加される素材だと思うんですが、2枚目の画像だと「癒しの薬系」と「植物」が選択されてるのがわかると思います。

この肥料ですが、説明文見ると「肥料は最大20個まで自由に選んでください(××を肥料にすると××××は破棄?されます)」と書いてあります。(カッコ書きの部分はちょっと読めませんでしたw)
450種もあるマンドラゴラはこの肥料の組み合わせによって決まると思うんですが、そもそも肥料となるアイテムはと言うと、画像からもなんとなく想像できますが、

  • 薬品系
  • 植物
  • キノコ類
  • 液体
  • 砂・土
  • 肉(腐肉とか?)
  • 骨(カルシウム的な?)
あたりが肥料として使えると思いますし、もしかすると衣類や武具なんかを装備したマンドラがいて、そうなると繊維系や金属類なんかも含まれる可能性がありますよね。(それって結局全部やないかい!と言うツッコミもありそうですが…)

バザーを見ると、キノコや草の一部はけっこーお高い値段で取引されてるので、今のうちに集めとくのも良いかもしれませんネ!
ただ、画像自体がダミーの可能性もあるかもなので、その辺は自己責任でお願いいたしますw

そしてもう1つ、こちらの画像ですが

そもそもマンドラゴラ・ガーデニングの目的は、「図鑑埋め」ともう一つ、「成長時にアイテムを入手する」があって、どちらかと言うとこっちがメインだと思うんですね。

まずは全体的な流れをみると
1.作るものを選ぶ(ダンジョンチケットやらなんやら)→必要な素材を用意する(画像だとボーンパール?とガーネット)
2.肥料を選択して成長を待つ
3.成長すると図鑑に載り、アイテムを入手

この1.の部分ですが、画像の素材2つは現在未登録なのでシーズン3の宝石類だと思いますが、生産アイテムに必要な素材が全部シーズン3で追加される素材になるかと言うと、毎回そんなに大量には追加されてないので、多分旧エリアの素材も使いそうな気がするんですよね。
もちろん全部宝石類でクラフトするとは限らないのでナンとも言えませんが…

そんなワケで、今倉庫がキツキツで旧素材の処分を考えてる方は、シーズン3が来てから断捨離を実行されるのがよろしいかと思いマッス!


Leave a comment

Your email address will not be published.